リアルな情報はこちらへ

詳しくは本サイト

3つの特徴

健康住宅 博士の家「八溝」が
選ばれる3つの理由

  • 家族を想うからこそ選ばれる『自然素材』

    村越住建の家は、床も天井も無垢材、本物の木を使っています。
    壁はクロスではなく、有害物質を含まない自然由来の塗り壁を採用しています。
    自然素材がいいのは皆さんご存知かもしれませんが、私たちが自然素材を使うのには、大きな理由があります。

  • 昔から一般的な家では、既製品のフローリングやクロスがよく使われていました。
    そこからはホルマリンやVOCといった化学物質が放出されます。
    しかし、昔はそれほど問題になりませんでした。
    それはなぜでしょう。
    昔の家は、気密性が悪く自然とそれらが逃げていたからです。
    ところが今は、家だけでなく学校など、いろいろなところで高気密高断熱が主流になってきました。
    気密がよくなれば化学物質は家から逃げて行かなくなってしまいます。
    すると、シックハウス症候群が今までよりも起きやすくなります。シックハウス症候群とは、目がチカチカしたり、鼻水がでたり、動悸がしたり、頭痛がしたりという化学物質によるアレルギーです。
    大きな予算を使い、一念発起して建てた家なのに、家族がアレルギーに悩まされる家になってしまってはとても悲しいことです。
    もちろん、現在使われているクロスやフローリングは、国の建築基準法をクリアしているので問題はありません。
    しかし魔法瓶のような家であるからこそ、私たちは、できるだけゼロに近づけたいと思い、“建築基準法”だけでなく、さらに厳しい“食品衛生安全法”をクリアした塗料などを使っています。私たちは、家族の健康を第一に思う、そういう家を作っています。

  • もう一つ、私たちは地元の木にこだわっています。
    福島で育った木は、福島の暑さに耐え、福島の湿気を乗り越え、福島の雪もこらえ、福島の害虫にも負けなかったという実績があるわけです。
    つまり、福島で家を作るのならば、福島の木こそが家づくりに最も合っているといえます。
    私たち村越住建が選ぶ、一つ一つに、大事な理由があるのです。